マタニティ歯科のページ。宝塚市仁川 歯科・歯医者 藤田歯科

仁川 歯科 歯医者 藤田歯科

電話番号:0798-57-5418
メール問い合わせ
歯科予約

メール問い合わせ

ネット予約

上部へ移動する。

マタニティ歯科

妊娠したら

妊娠初期はつわり等が原因で口の中の衛生状態が悪化することがあります。 妊娠による女性ホルモンの影響で、歯茎が腫れたり出血する妊娠性歯肉炎が生じることがあります。 これは放置すると早産や未熟児の原因になることがあります。 薬やレントゲンは使えませんが、クリーニングとプラークコントロールで改善しますので、早期の検診をおすすめします。 クリーニングは妊娠初期でも可能です。


妊娠中の歯科治療

5ヶ月から8ヶ月の安定期はほとんどすべての歯科治療が可能です。 産後は子育てで忙しく治療に通うのも難しくなりますし、ちょっと落ち着いたと思ったら赤ちゃんに歯が生えてきて、 お母さんに未治療歯があれば、むし歯の感染リスクを高めてしまいます。 安定期以外の期間でもクリーニングや応急処置は可能ですのでご相談下さい。


ママになる前の定期的クリーニング

生まれてきた赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はいませんが、歯が生えてくるとむし歯菌に感染しやすくなります。 特に、1歳から2歳3ヶ月の時期に集中的に感染しやすく、3歳までには口の中の細菌バランスが決まるともいわれています。 ということは、それまでの時期にむし歯菌に感染しなければ、その後、むし歯になるリスクは低くなります。 むし歯菌感染の原因は家族、特にお母さんです。とはいえ産後は忙しくて虫歯の治療なんて行けません。 だからママになる前から、自分の状態を知り、きちんと治療して、定期的にクリーニングを受けておくことがとても大切です。 そうすることで、お子さんがむし歯になるリスクが半分になるともいわれています。もちろんお父さんもあてはまります。



その他の治療内容はこちらからご覧ください。