親知らずのページ。宝塚市仁川 歯科・歯医者 藤田歯科

仁川 歯科 歯医者 藤田歯科

電話番号:0798-57-5418
メール問い合わせ
歯科予約

メール問い合わせ

ネット予約

上部へ移動する。

親知らず

親知らずのトラブルで歯医者さんへ行ったら
「根の先が神経に近いから抜歯すると神経を傷つけるかも」
と言われて抜くことを悩んだ方も多いと思います。
従来のレントゲンでは2次元でしか撮影できないため、根の先と神経の位置関係が分かりにくい場合が多いです。 近いのは分かるけど立体的な位置関係はわからないですし、神経自体がはっきり写ってなかったりもします。

健康保険も適用され、埋まっている親知らずの抜歯による神経マヒのリスクを、より確実に診断でき、より安全な抜歯の準備ができます。
藤田歯科でもよく親知らずを抜歯します、腫れにくい抜き方をするので抜歯で紹介していただくことも多いです。
大きい病院の口腔外科となると平日昼しか診察していませんから、お仕事している方は休めないことも多いですよね。
「こちらでなんとか抜いてもらえませんか」とお願いされることも多いですが、 CTにより明らかに歯根と神経がくっついている画像を見ていただりすると、リスクをはっきりと理解していただけるようです。

藤田歯科ではCTを撮影し、本当に神経に近いもしくは接している方のみ病院へ紹介させていただきます。 その場合はデータをDVDに入れてお渡ししますので再撮影の必要はありません。 神経との距離がある程度ある場合は、患者様が紹介を希望されない限り、藤田歯科で抜歯いたします。

実際のレントゲン写真とCT画像を見てみましょう。
レントゲン撮影では明らかに神経と歯根が重なって見えます。
今までではこの時点で病院口腔外科へ紹介でした。

でもCTを撮影すると、左下の画像みると距離があるのがわかりますよね。


この方は、CT導入前に一度は紹介しようとしたのですが、仕事を休むことができず、消毒を繰り返してずっと様子をみていました。
今回距離がリスクが低いことがわかり当院で抜歯いたしました。仕事休む必要がなかったため、非常に喜んでいただきました。


次のケース
右下の親知らずがレントゲンでは神経と重なって写っています。


CTを撮影すると(紫に塗ってあるのが神経です)
先ほどのケースとは違い完全に接しているのがわかりますよね。

非常にわかりやすく、リスクを納得していただきました。 このデータをDVDにコピーしてお渡しして、病院口腔外科へ紹介させていただきました。


これも病院口腔外科へ紹介させていただきました。

僕は歯科医師になって13年間、勤務医時代はかなりの数を抜歯しました。 もちろんCTのない時代です。 しかし抜歯後に神経症状が出たケースは1例だけです。 その方も1週間ほどで症状消失しました。 しかしこうやってみてみると今までがラッキーだったのかもしれません。

埋まっている親知らずに関してのCT撮影は保険が適用されます。 CT撮影に3割負担の方で約3500円の費用負担が生じます。

しかし、いろんなリスクを考えたとき、僕なら抜歯前にCT撮影してほしい、 そう思うので、開業当初からの目標のCT導入ができたことをうれしく思います。



その他の治療内容はこちらからご覧ください。