審美歯科のページ。宝塚市仁川 歯科・歯医者 藤田歯科

仁川 歯科 歯医者 藤田歯科

電話番号:0798-57-5418
メール問い合わせ
歯科予約

メール問い合わせ

ネット予約

上部へ移動する。

審美歯科

審美歯科 症例:1

(1)

いろいろな問題を抱えていて総合的に考えないといけません。 左の犬歯の歯ぐきが黒い、とか前歯が傾いている、かぶせ物の色が違う、根元が暗い・・・などです。


左上の犬歯の歯ぐきが黒くなっているのはメタルタトゥーと言われメタルコアや金属のかぶ物の金属が錆びて溶け出し歯肉に沈着するのが原因です。 歯ぐきの奥深くに沈着するので歯ぐきの表面から除去することができません。したがって歯ぐきの小手術により電気メスを用いて慎重に除去していく必要があります。

右上の前歯の歯ぐきが黒いのはまた別問題で、金属製のコア(メタルコア)と、かぶせ物(表面はセラミック)の内側の金属により、光が通らず暗く影になっているためです。

この解決法はかぶせ物とメタルコアを除去し、歯と同色で光を通すファイバーコアと金属を一切使わないオールセラミッククラウンで修復する必要があります。

(2)

上図から、問題点は(根管治療など一般歯科の問題は除く)

  • 1.左上犬歯の黒いメタルタトゥー
  • 2.正中のずれ(顔の中心と前歯の中心のずれ)と前歯の切端の水平的なずれ
  • 3.前歯の歯軸(歯のはえている方向)が右に傾いている。
  • 4.左の前歯の根元の暗さ
  • 5.臼歯部の金属の色

(3)

きれいになりました。メタルタトゥーもなくなっています。
もちろん左の犬歯はオールセラミッククラウンで治療してあります。そして前歯4本のうち左の2本はご自身の歯です。

ちょっと削って形を変えたでけですが方向がきれいになっていますよね。 右の2本はオールセラミッククラウンでの治療です。治療前後で比べるとよく分かります。


(4)

治療後 全然違いますよね。
時間はかかりましたが、とても喜んで頂きました。


審美歯科 症例:2

(1)

前歯の歯並びを目立たないようにしたいとのことで矯正治療がベストですが短い期間で治療する治療を選択。
2本だけオールセラミッククラウンで治療。
残りの歯は形態修正程度。

治療前です。もちろん十分なシュミレーションを行います。


(2)

来院5回、期間3週間の治療後、完璧に並んでいるわけではないけど目立たないレベルの歯並びですよね。どれを治療したかわかりますか??


(3)

答えです。
矢印がかぶせ物です。あとは自分の歯です!


審美歯科 症例:3

(1)

治療前の写真です。


aaa

(2)

治療後

オールセラミッククラウン4本
+ホワイトニング

若い女性なので大きさのバランスも整えて丸みを帯びた形にしてます。
イメージが全然変わりますよね。歯ぐきの黒さもなくなっているのも注目してください。
非常に喜んでいただきました。思いっきり歯を見せて笑っていただきたいです。


(3)

治療前の裏側です。
大笑いすると裏も見えるかもしれませんがオールセラミックなら大丈夫。


(4)

治療後


審美歯科 症例:4

(1)

このすき間の治療法は第一選択はもちろん矯正ですが、 矯正が無理なためセラミックなどいろいろな治療法を耐久性やコストなどのメリットデメリットを相談した結果、 レジン(樹脂)による審美改善を行いました。


(2)

レジンを用いて1回で終了歯は一切削らず時間は30分ほどです。 処置後とてもとても喜んで頂きました。「喜ばれることに喜びを」がモットーの藤田歯科としては喜んでいただけてとてもうれしかったです。 レジンは将来変色するか可能性が高いのでもし変色した場合はセラミックを使用する予定です。


(1)

矯正した症例の治療前です

ホワイトニングも行っていますが、
歯の大きさが変わらない、そして削らないのがメリットです。


(2)

治療後です。


審美歯科 症例:5

(1)

色が変わった真ん中2本を作り変えました。 (歯ぐきの黒さは本人の希望でそのままにしています。) 拡大していただければわかると思いますが、表面の質感が上下でまったく違うのが分かると思います。


(2)

セラミックの前歯は、藤田歯科では1本120,000円(税抜)です。経験豊富で付き合いの長い、セラミック専門の歯科技工士にお願いしています。


審美歯科 症例:6

(1)

前歯2本の根元が黒くなっています。 中に使用している金属が見えてきています。 古い材料を全部除去し、新しく金属を一切使用しないオールセラミッククラウンを製作。


(2)

治療後の写真です。質感が、隣の健康な歯と同じなのが分かります。 治療前の写真がなければ、プロでもどこ治療したかわからないはずです。


このような審美歯科治療では、ドクターの技術はもちろんですが、歯ぐきの状態を整える歯科衛生士や、 そしてセラミックを作る歯科技工士の技術がそろって初めて完成します。 藤田歯科が製作をお願いしている歯科技工士は、院長が前の医院でも一緒に仕事をしてきたベテランですので、 僕の意図や希望をよく理解してくれ、製作物に反映してくれるので安心しています。



その他の治療内容はこちらからご覧ください。